採用情報

後期臨床研修医募集(内科)

三木山陽病院における後期臨床研修の理念と方針

当院は197床(療養病床含む)の内科・整形外科・外科・眼科・皮膚科・泌尿器科・リハビリテーション科・透析センターを標榜する一地方民間病院である。 神戸大学旧第二内科で約10年間にわたり病棟医長・医局長・助教授として研修医の指導にあたってきた現院長の指導のもと、 日々「心と技術の調和した優しく信頼される病院に」を基本理念として診療にあたっている。

後期臨床研修医を募集する内科においては、年間救急車件数800件以上の救急治療を初めとする内科全般にわたり診療をおこなうだけでなく、 糖尿病学会教育認定施設・消化器病学会教育認定施設としての専門性のある診療も実施している。

更に外科の開設によるがん患者への化学療法、整形外科・リハビリテーション科との連携によるリウマチ患者へのQOL・ADL向上への取り組み等、 幅広い疾患に対する診療技術の習得が当院では可能である。

近年、総合内科医が注目されているが、専門医としてのスペシャリティーだけを求める者よりも、 専門医プラス内科一般なんでも診たい・診れるようになりたい者を求める。ちなみに勤務時間は、仕事が終わるまでである。

対象 卒後2年間の初期臨床研修を終えた者で、一般内科を志す者
期間 希望期間、その後は要相談 (常勤医への道も歓迎)
待遇 年俸 1300万円 以上
内容

① 内科一般

  • 年間800件以上の救急車受け入れも、指導医の指導のもと全部参加し、救急処置を修得することができる。
  • 内科全般の研修
  • 消化器内視鏡 (上部2272例/年、下部1050例/年 ※2014年実績)

② さらに広く

  • 経皮的気管切開術(60例/年、ミニトラックを含む)
  • 挿管困難症例でも数分で可能
  • 穿刺ドレナージ(胸腔・腹腔・心嚢)
  • PTCD・PTGBD
  • 血管造影

③ さらに深く

  • TAE
  • 透析用シャント造設術 (27例/年 ※2014年実績)
  • 下肢及び内シャント血管のPTA (319例/年 ※2014年実績)
  • ESD (35例/年 ※2014年実績、胃・大腸共に含む)

④ その他

  • 糖尿病教育認定施設であるため、糖尿病の専門医可能(患者数約2000例)
  • 地方病院であるため高齢者も多く、老年内科に専門性を求める者も可能
  • 訪問診療もおこなっており、在宅診療に興味ある者も歓迎
  • 外科、整形外科、眼科の診療に参加することも可能
応募手続 1)出願書類 ① 願書(写真貼り付け)
② 医師免許証のコピー
③ 初期研修病院の院長もしくは研修部長の推薦状
(初期研修を修了している者は現在勤務している病院の院長の推薦状)
2)送付先 〒673-0501
兵庫県三木市志染町吉田1213-1
医療法人社団朋優会三木山陽病院
総務課宛

待遇等につきましては下記までお問い合わせ下さい。

TEL : 0794-85-3061  FAX : 0794-85-3582
E-mail : info@mikisanyo-hp.com